ポリリン酸

 ポリリン酸はATP と同様の高エネルギーリン酸結合からなる物質です。実際、ポリリン酸キナーゼ(PPK)の逆反応により、ADP→ATPが作り出せます。その鎖長は様々で、生体内では数十から、長いもので千(1000)個のリン酸が結合したポリマーとなることが知られています。最近、ポリリン酸固有(特に超長鎖ポリリン酸)の生理的役割の解明が進み、予想を超えた機能があることが分かってきています。

1、酵素に結合し、活性化:大腸菌のポリリン酸(約700個のリン酸)はLonプロテアーゼに結合し、一部のリボソームタンパク質を分解する。Science, 293, 705-708 (2001).
2、血液凝固:血小板に含まれるポリリン酸が放出されと、血液中のFactor XIIプロテアーゼを活性化して、最終的に凝固反応へと導く。Cell, 139, 1143 (2009).
3、腸管バリア機能強化:乳酸菌由来ポリリン酸がIntegrin-p38 MAP kinase pathwayを通して腸管バリア機能を高める。PLoS ONE, e23278, (2011)

2015年8月27日より、商品名とコードが変更になりました。
旧:化学合成ポリリン酸(長鎖)BENX-PolyP-L → 新:超長鎖ポリリン酸 BENX-PolyP-EL
旧:化学合成ポリリン酸(平均鎖長60-70)BENX-PolyP → 新:長鎖ポリリン酸 BENX-PolyP
旧:化学合成ポリリン酸(短鎖)BENX-PolyP-S → 新:短鎖ポリリン酸 BENX-PolyP-S
2017年3月より、一部商品について合成費用のコストアップに伴い、値上げさせて頂いております。何卒ご了承くださいます様にお願い致します。

超長鎖ポリリン酸(酵素合成)

 当社ポリリン酸キナーゼ(PPK)を使って、超長鎖ポリリン酸を作成しました。

ATP + polyPn →ADP + polyPn+1    nはリン酸の数

約700〜1000個のリン酸が繋がったポリリン酸ができます。
ポリリン酸キナーゼはプロセッシブな酵素なため、途中の短いものは観察されません。

製品名:酵素合成ポリリン酸(平均鎖長700-1000の酵素合成品)
コード番号:BENX-EPolyP (100μg) 15,000円

取説ダウンロード:BENX-EpolyP.pdf

超長鎖ポリリン酸(化学合成)

 当社独自の特殊な合成法により、従来難しかった超長鎖ポリリン酸を化学合成することができました。電気泳動の解析では酵素合成品(平均鎖長700-1000)とほぼ変わりませんが、若干分子量の短いものも含まれます(以下取説に詳しく記載↓)。しかし、ATPを使わずに合成できるため、単位重量あたりのコストは酵素合成よりも3桁下げることができました。本合成品はポリリン酸分解酵素でリン酸にまで分解でき、またポリリン酸合成酵素でATPに変換できるため、生理活性は酵素合成品と同等です。

製品名:超長鎖ポリリン酸
コード番号:BENX-PolyP-EL (100mg) 18,000円
旧製品名:化学合成ポリリン酸(長鎖) 及び 旧コード番号:BENX-PolyP-L

取説ダウンロード:BENX-PolyP-EL.pdf
大量に合成することも可能ですので、お問い合わせください。

長鎖ポリリン酸(化学合成)

 また、従来より60-70程度の化学合成長鎖ポリリン酸も販売しております。本製品は乾燥品です。

製品名:長鎖ポリリン酸
コード番号:BENX-PolyP (200mg) 12,000円
旧製品名:化学合成ポリリン酸(平均鎖長60-70)、コード番号は変更なし

取説ダウンロード:BENX-PolyP.pdf

短鎖ポリリン酸(化学合成)

 また、従来より10-15程度の化学合成短鎖ポリリン酸も販売しております。本製品は乾燥品です。

製品名:短鎖ポリリン酸
コード番号:BENX-PolyP-S (1 g) 15,000円
旧製品名:化学合成ポリリン酸(短鎖)(平均鎖長10-15)コード番号は変更なし

取説ダウンロード:BENX-PolyP-S.pdf

ルシフェラーゼFM & FMプラス & エンドトキシン


人工進化技術で作り出した変異型ルシフェラーゼは、野生型の15倍の発光を示します。ATPの超高感度検出、バクテリアの検出、エンドトキシンの検出などに応用可能。

PPK & PtxD


ポリリン酸キナーゼ(PPK)は、ポリリン酸から生命エネルギーであるATPを再生。亜リン酸デヒドロゲナーゼ(PtxD)は、亜リン酸から生命の還元剤であるNADHを再生。

CWB-GFP

CWB-GFPは、細菌細胞壁のペプチドグリカンに得意的に結合する様にした蛍光タンパク質。試料中の微生物の混入が蛍光顕微鏡を用いることによって判定可能。

ルシフェラーゼBC

細菌由来の発光酵素は、ホタルと違い、NADHを使って発光。NADHの高感度検出を様々な生化学検査に応用可能。

長鎖ポリリン酸

様々な生理活性が分かってきた長鎖ポリリン酸。化学合成が可能になりました。